秋華賞 デニムアンドルビーが人気は間違いないが…

秋華賞

デニムアンドルビーが人気は間違いないが…

今年の秋華賞は、デニムアンドルビーが人気を背負うのは間違いないが、コース適正や展開を考えれば油断は禁物だ。

確かに、ローズS当日は台風の前触れとなる雨が容赦なく馬場を叩き、芝はズシリと重かったが、それでもデニムアンドルビーの瞬発力は鈍らず、最後方から馬群をひと呑み、その破壊力は、明らかにGIレベルだった。

しかし、前走は出遅れても巻き返せた外周り…
今回は内周り…

だからこそ、危険な人気馬ともいえるのです。

鞍上はゴールドシップで大敗?した内田博幸騎手であることが少しは有利な要素だけという事。

そしてもう1頭の人気馬は、アッと驚く大激走から5カ月、単勝9番人気28・5倍の低評価でオークスを制したメイショウマンボでしょう。

秋初戦のローズステークスは切れ味を生かせない重馬場で4着に敗れたが、担当する塩見調教助手は「調教が少し足りないかな、という状態だったぶん、最後に止まってしまいました。でもそのぶん、使った上積みはすごいですよ」と変わり身を期待しています。

 滋賀県栗東トレーニングセンターでの3日の1週前追い切りでは、CWコース6ハロン79秒4という好タイムをマーク。6日にも坂路でラスト1ハロン12秒8の時計を出し、態勢は整いつつありますが、果たして、オークスに続く牝馬クラシック連覇は可能なのだろうか?

 未知の魅力上がり馬からは、スマートレイヤー…

 スマートレイアー(栗東・大久保龍志厩舎)は桜花賞当日の阪神で鮮烈なデビュー勝ちを飾った。2連勝した後、夏の新潟で4着に敗れたが、9月の阪神できっちり3勝目をマーク。ここに駒を進めてきた。コンビを組む武豊騎手もこの芦毛のディープインパクト産駒を、「乗り味が良く、走りにバネがある」と絶賛。レースセンスが良く、京都の内回りコースもマイナスにはならないだろう。一線級との手合わせは初めてになるが、突破して
もおかしくないともいえる。

ローブティサージュ(栗東・須貝尚介厩舎)は阪神ジュベナイルフィリーズを勝った後は5着(桜花賞)が最高着順と、伸び悩んでいる。

しかし、前走のローズSは6着に敗れたものの、着差はコンマ4秒差。

夏を越して、徐々に体がしっかりとしてきた点は強調できる。中間の動きからも叩いた上積みは大きそうだ。

 

 ローズS3着のディープインパクト産駒ウリウリ(栗東・藤原英昭厩舎)は初めての2000メートルとなるが、これまでのレースぶりからも問題なさそうだ。器用な脚があるだけに、舞台も合うだろう。

 紫苑Sを逃げ切ったセキショウ(美浦・杉浦宏昭厩舎)、夏を境に充実ぶりが目立つリボントリコロール(美浦・菊沢隆徳厩舎)といった関東馬にも注意は必要だ。

しかし、コース適正、血統から、Masterが狙う穴馬はココには記載していませんが、もう決まっています。

あとは、当日は流れ、気配を重視して乾坤一滴の切れる予想を配信しますよ。

お楽しみに…

秋華賞の配信をご希望の方は、是非、この機会に御利用ください。

 

shousai

 

こうやればできる♪KEIBARMASTERのサクッと稼ぐコツ
は必須項目です
メールアドレス
お名前(姓名) 姓と名はスペースで区切ってください

      

ブログランキング

サブコンテンツ

プロフィール


Twitterボタン
Twitterブログパーツ


優良情報簡単検索

有料配信に興味は?
興味があるのどんなコース?


馬券生活三昧 最新記事

お問い合わせ

当ブログでは質問や相談、なんでも承ります。お気軽にメールをください。

ブログランキング

ブログランキング

地方競馬ネット投票会員募集中!

こちらから新たに入会登録が可能です。 携帯電話で地方競馬の馬券購入OK!

楽天競馬

ネット投票ログイン

以下より直接ログイン可能です。

IPAT


Club APAT


SPAT4


oddspark


全国競馬場の天気

このページの先頭へ