レッドディザイヤーの敗因

今回のローズステークスの圧倒的一番人気

レッドディザイアの敗因を観察してみた。

この馬と四位騎手は私が観るかぎり、

200m伸びる本番の 京都コースを

意識して騎乗していたように思う。




勝ちに入っていないのは、

レースの中盤から判断できた。

本番の距離2000mを意識していたのではないかな?

京都コースは内回りで、本番もあの位置では、



キツイと考える方がいる事も十分、

理解している。



それでも四位騎手の頭の中には、

対ブエナビスタしかなかったのだろう。

オークスの敗因は馬の差とコースの差だ。

騎乗では四位騎手が一番良い騎乗をしていた。

しかし彼は恐らく自分を責めたのではないかな?

本番は叩き合いに持ち込むつもりだろう。

私はこのトライアルから、そう感じた。

四位騎手ほどの勝負師なら、

絶対にオークスは屈辱だったはず。


当日の馬体も太めだという事を

言う方もいらしゃいましたが、

トライアルであるということ、

成長分と捉えれば、

何ら不思議ではない。



もし、今回の騎乗が四位騎手の奢りの騎乗だったのなら、

本番は騎手を代えてくると思うが、それはないだろう。

調教師、松永幹が現役時代に、

ファビラスラフィンで射止めた秋華賞。

私はあの万馬券を3点で射止めた。

当時、距離がと云われていたファビラスラフィンは、

快速馬のイメージが強く、

だれもがギリギリ距離が持つかな?

なんて新聞に載っていた事を思い出す。

私はファビラスの母系が4000mの重賞で、

勝っている事を知っていたので、

自信満々に勝負できた。

その後の活躍は周知の通り。

師に取っても、秋華賞への思い入れは強いと思う。

もし、レッドディザイアが乗り変わってくれば、

武豊しかいないだろう。


そのときは、ブエナビスタのほうが、

当然、優位になる事は明白だ。






こうやればできる♪KEIBARMASTERのサクッと稼ぐコツ
は必須項目です
メールアドレス
お名前(姓名) 姓と名はスペースで区切ってください

      

ブログランキング

サブコンテンツ

プロフィール


Twitterボタン
Twitterブログパーツ


優良情報簡単検索

有料配信に興味は?
興味があるのどんなコース?


馬券生活三昧 最新記事

お問い合わせ

当ブログでは質問や相談、なんでも承ります。お気軽にメールをください。

ブログランキング

ブログランキング

地方競馬ネット投票会員募集中!

こちらから新たに入会登録が可能です。 携帯電話で地方競馬の馬券購入OK!

楽天競馬

ネット投票ログイン

以下より直接ログイン可能です。

IPAT


Club APAT


SPAT4


oddspark


全国競馬場の天気

このページの先頭へ